ネットワークエンジニアに必要なスキルとは

世の中には数々の仕事があるだろうがその中でも、IT社会において必要な職業といえばネットワークエンジニアであるといえる。主な仕事内容は、会社のなかでネットワークを作ったり、専用の機器やオリジナルのソフトウェアを作る仕事である。具体的には親会社と子会社をネットワークでつなぐためのシステムや機器を作り、それを管理運用したりする。

この仕事をするには非常に多くのスキルや知識が必要になるので、かなり勉強をしなくてはならない。たとえばWAN系の知識でADSLやCATV,広域イーサ、IP-VPN、高速デジタル回線などの知識であり、そのほかにもLAN系の知識で無線LANに始まり、ルーティングやイーサネットなどの知識も必要になるのである。また、インターネット系の知識も必要になり、アプリケーションサーバやWWWサーバ、DNSやアクティブディレクトリなどネットワークに関する知識が豊富に必要なので、常に最新のネットワーク関係の情報を把握していないといけないのである。ウイルス関係の知識もいるのだが、これはシステムを運用する仕事もするのでネットワークに侵入したウイルスを撃退するときに必要になる。

技術のスキルもさることながら、高い知識だけでなくコミュニケーション能力も必要になるのである。これはクライアントの要求に応じて予算の範囲でネットワークを作るので、頻繁にクライアントとのやり取りをする必要があるため、ある程度の対人スキルが求められるからである。ネットワークエンジニアに興味がある方は、専門の情報サイトを見てみるとよいだろう。新しい情報やトレンド発信がされている専門サイト【http://networkengineer-jobdescriptionreport.com/】が参考になると思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*
*
Website